読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

ロールコレーター導入

もう一週間も前の話なんですが、弊社工場にまた新しい大型設備が導入されました。

ロール状の印刷物を重ね合わせて複写帳票に加工する「ロールコレーター」という機械ですよ。ほら、ちゃんとしたビジネスフォーム印刷会社みたいでしょ?





新しい機械はやっぱりワクワクしますね。
いや、これ使って稼がないとワクワクどころじゃないですがwww

もちつき

毎年恒例なのですが、その年の新入社員にもちつきのイベント幹事をしてもらってます。もう10年になるのかな?

引き継ぎ資料は連綿と引き継がれているようですが、毎回いろいろ新しい趣向やトラブルがあって楽しいですし、社員の子供達も来たりして、その成長ぶりも毎回の楽しみの一つです。

ついた餅は今年はなかなかの出来で

ちょっと柔らかめてはありましたが、

大根おろしをのせたり

お雑煮にしてみたり

もちベーコンにしてみたりと、いろいろ用意してくれたものと組み合わせてめいめいが楽しんでおりました。
また来年も楽しみです。

新しい高速インクジェットプリンタを導入してました

昨年末の話なのでちょっと古い話題なのですが、ここには書いていなかったのであらためて。

高速インクジェットプリンタを使った出力業務は20年近くやってきました。はじめて導入したのはミヤコシ製のボディに Scitex6240 というモノクロのヘッドを4基搭載したもの。当然あらかじめ印刷した用紙にモノクロのデータ部分だけ印字するというものでした。




当時は圧着はがきを使ったダイレクトメールや、さまざまな文書の大量出力などの仕事を数多くこのプリンタで手がけ、大量の個人情報を扱う仕事もこのプリンタでだいぶノウハウを蓄積しました。その後、2008年にはミヤコシ製の MJP600一号機(150m/min.)を、2010年には同じくMJP600二号機(75m/min.)を導入しました。どちらも水性染料インクを使用した高速フルカラーインクジェットプリンタで、これまではモノクロ部分しか可変印字できなかったものが、カラー部分もすべて可変印刷を行うことができるようになりました。これらのプリンタでは、可変出力物に対応した封入封緘機との組み合わせで、クレジットカードの請求書や、履歴などの可変部分のある申込書、お知らせ文書などの大量出力を請け負ってきました。これでだいぶ弊社の出力アウトソーシングの方向性が固まってきました。

そして昨年の12月、新たに高速フルカラーインクジェットプリンタMJP600の三号機を導入いたしました。


最初に導入したプリンタとはずいぶん見た目が違いますねw
実際にデモデータを出力している様子はこちら


新型高速インクジェットプリンタの試運転の様子

今回のプリンタはこれまでのMJPと異なる点がいくつか。まず解像度がこれまでの600dpiから1,200dpit高精細化、またインクもこれまでの染料インクから顔料インクとなり、再現できる色空間が広がるとともに、印字後の水濡れに強くなりました。また、これまでは上質紙やノンカーボン用紙向けだったものが、コート紙への印刷も可能になったため、これまでとは格段に対応できる仕事の幅が広がることとなりました。フル可変印字のダイレクトメールやお知らせ文書、冊子なども今後設備を増強して対応していく予定です。

詳しくはお気軽に弊社の営業担当者までお問い合わせください。

Webサイトの社長挨拶を更新しました

気がつけばほったらかしだった弊社Webサイトの社長挨拶を新しくしました。

screenshot社長挨拶|会社案内|株式会社恵和ビジネス

きっかけはすっかりご無沙汰してしまってるけどブログだけはしっかり拝読しているこちらの社長のブログ

screenshot代表挨拶の宿命的つまらなさをどう克服するか: 主に札幌と東京で働く社長の非公式ブログ

ああ、しまった、俺は何年ほったらかしてるんだ…、と思って見返してみたら、写真は若いっつーかなんか頼りなさげなスーツに着られてる感満載のだし、文書も書き直したくなるところ満載。

うわああああああ、と思ってあわてて写真も撮ってもらって文章もわしわしと手直し。書いてることはそんなに大きく変えてはいませんが、気になる表現とかたくさんあったり、説明不足なところがあったり、いまどきそりゃねーだろってとこがあったりしたのを直しました。

直したそばからすでに変えたいところも出てきてたりしますけど、また一年後くらいに大幅に見直ししてやろうと思ってがまんがまん…。いや、我慢せずになおすか…。

ああしかし、こういう文章ってすごく難しいですね…。

田中社長、今度教えを請いに伺います…。

第25回 北海道の楽しい100人

2012年2月から隔月で続けてきた「北海道の楽しい100人」、次回で登壇者がついに100人になります!

第25回 北海道の楽しい100人 FINAL | Facebook

毎回4人、ひとり15分でその人の「やっていること、やりたいこと、考えてること」を聞こう、という非常にシンプルなイベントなのですが、ありがたいことに毎回160〜180人くらいの皆さんにご来場いただいたり、アルキタさんにご協賛いただいて学生さんを無料にしていただいたり、日経新聞さんに記事広告を掲載していただいたり、北海道新聞さんからは道新地域げんき大賞をいただいたり、雑誌ソトコトさんに取り上げていただいたり、たくさんの方々のお力添えをいただきながらなんとか最後まで役割を果たすことができそうです。

思えば主催者チームの小野、佐藤、保田、渡辺って、全員どう見ても飽きっぽい連中なのに、よくもまあ4年も持ったもんだと思います。第1回目に「登壇者が100人になるまでやりまーす」って約束しちゃったのがよかったんですかねえ。これが「北海道の楽しい人たち」とかいうタイトルだったら3〜4回くらいやって終わってたかもしれませんねw

いつもお越しいただいてるみなさんも、まだご覧になったことのない方も、ぜひぜひお越しくださいね。イベントの詳細はリンク先でご確認ください。

第25回 北海道の楽しい100人 FINAL | Facebook

打ち合わせスペースの絵が新しくなりました

本社ビルの二階には打ち合わせスペースとして部屋が4つありますが、それぞれの部屋には、児童デイサービスのペングアートさんに通う子供達の絵を飾っていただいています。

screenshotペングアート

ペングアートさんは発達障害のある子供達にアートセラピーで表現の楽しさを伝えています。定期的に展示会なども開催していたり、いろんなイベントなどにも参加されています。

打ち合わせスペースの絵は定期的に新しいものに変えてくださっているのですが、どの子の作品も独創性にあふれた色遣いや構図で見ていて飽きません。

今回ウチに来てくれたのはこんな絵たちですよ!




弊社にお越しの際は、ぜひ打ち合わせスペースの絵にもご注目ください!

第13回 北海道の楽しい100人

先日告知した「第13回 北海道の楽しい100人」、無事開催いたしましたよ。

今回も札幌エルプラザ三階のホールで開催。この会場、すごく安いのに設備も充実していていいんですよね。ネットの環境がまるでないのでちょっと Ustream 配信は大変ですが…*1
今回ご登壇いただいたのは、札幌オオドオリ大学の部活動「ドリ農部」の部長、紀國聡さん
f:id:jwatanabe:20140223022454j:plain
screenshot
札幌オオドオリ大学 ドリ農部 supported by HOKKAIDO LIFE DEPARTMENT

ファイナンシャルプランナー社会保険労務士としてあちこちで大事なお金の話をして回っている川辺紀子さん
f:id:jwatanabe:20140223022448j:plain
screenshotFP・社労士事務所 川部商店 川部紀子

狸小路二丁目シアターの運営委員長であり、映画監督の杉山りょうさん
f:id:jwatanabe:20140223022451j:plain
screenshotさっぽろ狸小路2丁目シアター

そしてコンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブ代表取締役社長の野々村芳和さん
f:id:jwatanabe:20140223022442j:plain
screenshot
コンサドーレ札幌オフィシャルサイト | CONSADOLE SAPPORO

の4名様。それぞれ15分できっちりまとめていただきましたよ。
今回は回線の調子が悪く*2て切れたりしたのでリアルタイムでの配信はうまくいかなかったのですが、録画から再配信したものがありますので埋め込んでおきますねー。



Video streaming by Ustream


Video streaming by Ustream


Video streaming by Ustream

次回は4月16日19時から、会場はまた札幌エルプラザ三階ホールを予定しています。
さてどんな4人が登壇するか、ぜひぜひお楽しみに!

*1:田端さん、宮嶋さんいつもありがとうございます

*2:会場に環境がないのでいつも WiMax とか eMobile とかの無線を使っての配信なんですよね…。