Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

RFIDってビジネスになるの?(するんです!)

東京から当社設備(Melzer STL-L100)を視察しにお客様来社。現在お引き合いをいただいている物件について、製造過程のチェック。すでにお渡ししているサンプルのできについては概ね良好とのことなので一安心。
Melzer社はドイツの機械メーカで、当社は三月に同社のRFIDICタグ)製造機を導入いたしました。製造機といってもチップを切り出して云々、と言うわけではなく、PETなどのフィルム上にアンテナとチップがすでに載っているインレットを紙や合成紙などに貼合してラベルやカード・チケット状に加工する、というものです。
当初実稼動させるまでかなり時間がかかるのではないか、と思っていたのですが、導入直後から思いのほかロットの大きなお引き合いをいくつかいただいており、数点はすでにサンプル品作成、契約寸前まで至っているものもあります。
「まだまだブレイクは先」「ひとつ当たりのコストが○円を切らないと」などなど言われていますが、実は知られざるところでかなり使われ始めているのだ、というのがここ数ヶ月の実感です。まだ導入は先、と考えておられるお客様にもどんどん提案していかないと、気づいたときには周りに取り残されてしまうなんてこともありうるので怖いですね。引き合いも思いのほか多いのですが、実はRFIDまわりにはたくさんのプレーヤーが実はいるのだ、というのもこの数ヶ月で大いに驚いたことのひとつです。埋もれないようにがんばらなきゃ!

広告を非表示にする