読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

帰ってきた

札幌の自宅に戻りました。窓開けてるだけですごくいい風が通ります。すごしやすいなあ。
今日のビッグサイトですが、あいにくの雨だったことと、初日だったこともあり、そんなに人では多くないような気がしました。おかげで歩きやすかった ;-) とはいえ、情報セキュリティEXPOの会場はかなり混んでいたような印象です。
面白かったのは、破棄するHDDなどの媒体や携帯電話などを「破壊する」サービスや機器販売の出展がいくつもあったこと。破壊されたHDDがあちこちに「どうだ!」とばかりに展示されていたのにはちょっと笑ってしまいました。

それでは、会場で見つけたちょっと面白いもの。

AC-Data

DWH&CRM EXPOで出展していた、アクトン・ウインズ株式会社さんのもの。住所コードを使った住所変換サービスというのはいくつか知っていたけれど、ここは自社で持っている膨大な住所データを使って住所コードでは対応できない地名・住居番号にも対応しているとのこと。おもしろい。

日本信号

鉄道信号などをメインのビジネスにされているところ。なんですが、おそらくSuicaから始まったんでしょうけどRFID回りのビジネスを積極的に展開されてます。自動改札みたいなゲートがあったりして面白い。
なぜかカラフルなリライトカードを出展されてました。白地に青発色や黒発色だったり、シルバーに白濁のリライトカードってのは結構目にしますが、サンプルでいただいたのは青地にピンクの文字のもの。こんなにカラフルなリライトカードがあるのか! って素直に驚いちゃいました。

PASSMEMORY

これは面白いですよ。
パスワードのかわりに、自分の知人・友人などの「名前」を使う認証システム。自分の知人・友人の名前をいくつか(20くらい?)登録しておき、ダミーの名前に混ぜたリスト(自分が登録した名前はひとつだけであとはすべてダミー)を五回くらい選ばせて、全部正解したら本人と認証してもらえる。タイムアウトも設定できるので、仮に登録した名前のリストが漏れて、そのリストを見ながら選んでいっても時間が足りないので認証されないとか。パスワードと違って忘れないということと、コンピュータリテラシの高低に関わらずセキュリティレベルを一定に保てる、というのが利点らしい。実際に使うかどうかは別として、発想がすごくユニークで面白い!

MPS.Gate

最後は宣伝 ;-)
恵和ビジネスも北海道地区の販売代理店としてプッシュしている株式会社ソルティオさんの入退室管理・認証セキュリティシステム「MPS.Gate」も出展しています。当社で開発した勤怠管理システムもあわせて出展していただいてますので、ぜひお立ち寄りください。

広告を非表示にする