読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

Googleに毒され気味

ajax google web

オンラインで便利なツールってこのところたくさん出てきてます。Ajaxがはやっているということもあって、以前もちょっと紹介した「Protopage - AJAX personal bookmarks springboard」みたいにAjaxで実現されたwebアプリみたいなものがいろいろと出てきているみたいです。Protopageは私のToDo管理や備忘録、書きかけの文章置き場などに大活躍しています。
Ajaxといえばその走りとなったのはいわずと知れたGoogle マップですね。Flashもjavaも使っていないのにマウスでドラッグするとぐりぐり動く、というインパクトはとても大きかった。これがリリースされたときはまだAjaxなんて言葉すらありませんでしたものね。ついこないだのことなのに…。
そのさらに前にGoogleがリリースしたgmailwebメールとしては後発ですが、使い勝手や容量の大きさで、招待制にもかかわらず一気にユーザを獲得していきました。ご多分に漏れず私も(つい最近ではありますが…)gmailのアカウントを持ちまして、非常に便利に使っています。メールを使う時ってのは必ずネットワークにつながっているわけで(もちろんオフラインの時に書いておく、ということはありますけど)、メールソフト使わずにgmailだけで済ませようと思えば(Notesのワークフロー以外は)すんじゃうのではないか、と最近思い始めています。
gmailに関しては他にも「viksoe.dk - GMail Drive shell extension」なんてのを使うと、PCのストレージとしてもgmailの容量が使えてとても便利。ちょっとしたファイルなんかはUSBメモリに入れて持ち歩くよりこっちのほうが楽チンです。もちろん重要なファイルやなくなったら困るものはおいては置けませんけどね。
そう思って自分のPCの画面をよく見ると、ブラウザにGoogleツールバーはインストールしているし、日に一回はAdWordsAdSenseのレポートをチェックしているし、昔作成したあの資料はどこにあるかいなというのはGoogleデスクトップ検索ですぐに見つかるし、友人とのやり取りはgtalkのメッセンジャーでちょこちょこやってるし、新しく訪問するときはGoogleMapsでチェックするし、普段のちょっとしたことで使うツールにGoogleがどんどん増えてきています。彼らの戦略に思いっきりハマった格好ですね…。
もちろんそうやって私の行動データ(検索したりメッセージのやり取りをしたり)を提供し続けるのはちょっと怖いなあというのももちろん思っていますが、それよりも彼らの提供するツールの利便性を享受することの方が目の前の仕事をやっつけるにはベターだ、というのが今のところの判断です。
それにしても、

カマンガー氏はGoogleの現状について、「社内で使われる言語が100以上、1カ月に消費する鶏肉が1トン、コーヒー豆が725kg、パスタが226kg」と表現した。

なんていう洒脱な表現が公式のプレゼンテーションでさらっと言えるインテリたちの集団、といったイメージのGoogleですが、実際のところはどうなんですかね。一度Google本社を覗きに行ってみたいものだなあと思っています。

広告を非表示にする