読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

ピタゴラ装置

TV books

10月になりました。ふっかつしようと思います ;-)
NHK教育テレビの「ピタゴラスイッチ」という番組があります。一応子供番組ではありますが、大人が見ても充分楽しめます。全体的なトーンは「バザールでござーる」や

だんご3兄弟

だんご3兄弟

  • アーティスト: 速水けんたろう,茂森あゆみ,ひまわりキッズ,だんご合唱団,佐藤雅彦,内野真澄,堀江由朗
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 1999/03/03
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 138回
  • この商品を含むブログ (21件) を見る

などで有名な佐藤雅彦さんのカラーが前面に出ていて、彼の仕事が大好きな人にはたまらない番組になっています。
お笑い芸人の「いつもここから」が歌って踊る「ピタゴラたいそう」なんかも人気ですが、毎回楽しみなのは慶應義塾大学佐藤雅彦研究室が手がける「ピタゴラ装置」です。身近なもの(たとえば、本・ビーダマ・コーヒーミルクの空き容器など)を使って、非常に面白い動きをする、しかも番組名の「ピタゴラスイッチ」を表示するためだけに役立つ装置を見せてくれます。かなり複雑なものもあり、よくこんなの考え付くなあと感心しきりです。
一部動画を紹介しているサイトがありました(って、これいいのかな? NHKさん怒らないのかな?)のでリンクしておきます。

箸おきと靴みがき | ピタゴラ装置動画

ぜひ見てみてください。

ちなみに、佐藤雅彦さんのCMプランナーとしての仕事は、

佐藤雅彦全仕事 (広告批評の別冊 (8))

佐藤雅彦全仕事 (広告批評の別冊 (8))


にまとまっています。バザールでござーるポリンキー、カローラIIなど、誰もが「あ、知ってる」というCMが出てくるはずです。

個人的に彼の出版物でお勧めなのは、竹中平蔵との共著


とか、ちょっと社会学っぽい
日本のスイッチ

日本のスイッチ


とかですね。難しそうな話でも肩の力を抜いてみると面白がることができてしまうあたりがまた非常に面白いですね。

と、思っていたら、「The 231th Exhibition : Masahiko Sato」なんてやってたのか! 見たかった…。

広告を非表示にする