読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

TSAロック

USA camera gadget

17日から米国出張のため、色々準備をしているところです。一年半ほど住んだこともありますし、出張でも何度も行っているのでいまさらどんな準備が、と突っ込まれそうですが、この数年かの国は入国するために準備したりしなければいけないことがいくつかあったりします。
写真に写っているのはタダの錠前のようですが、これは先日買ってきた「TSA対応ロック」という代物。いったい何かといいますと、米国のアメリカ運輸保安局(以下TSA)が認可した錠前です。今アメリカでは飛行機に乗る際に手荷物を預ける場合、TSAに認可された鍵以外で手荷物をロックすることができません。手荷物の検査(ランダムなのか、X線検査などで怪しまれた場合なのかはよくわかりませんが…)の時、TSA対応ロックであれば鍵がなくてもTSA職員が専用の工具を使ってあけられるのですが、そうでない鍵でロックしていた場合にはハードケースだろうがなんだろうが、「破壊して」中を検査されるそうです。
実際に某社の取締役が被害にあったそうですが、破壊されたスーツケースには鷹のマークの紙切れが一枚入っており、そこには「あやしいからこわしてあけちゃった、ごめんねー」という意味の英文(私が訳したんじゃありませんよ。某取締役の表現です…。)が書いてあってそれでおわり、だそうです。泣く泣くスーツケースを新調したそうですが、ちょっと怖いですよねえ。
おまけに14歳以上80歳以下の外国人は顔写真と指紋もとられるようです。テロ警戒のための措置というのは理解しているのですが、あまり気持ちのいい手続きじゃないことは確かです。
なので(というほど脈絡があるわけではないのですが)、ちょっとでも気分よく出張できるよう、デジカメを新調しました ;-)

FUJIFILM FinePix Z1 B デジタルカメラ ブラック

FUJIFILM FinePix Z1 B デジタルカメラ ブラック


以前購入したデジカメは壊れたまま放置してしまっていましたし、出張に一眼レフもって行くわけにも行かず、というわけでいままでは出張先でも携帯カメラばっかりだったのですが、だんだんと不便にもなってきましたし、やっぱりまともなデジカメは必要だということで ;-)

広告を非表示にする