読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

危うくサボるところだった

誰にも何にも言われてないのにも関わらず、営業日はなるべく更新なんて縛りを入れてるもんだから24日分のエントリはどうしたのだ! と叱られたような気分になっていたりします。はい、25日に書いてますが24日分です。

校正記号

印刷に関わるものとしてきちんと知っておきたいもののひとつに挙げられるのが正しい校正記号なわけですが、実は校正記号そのものはJISの規格になっていて、いま改正素案が出されていたりします。

改正前の規格が制定されたのが1965年とのことですからもう40年前! 当時からすると印刷・出版を取り巻く環境は隔世の感があるどころではなく、まったくの異次元の世界のような気がします…。校正作業そのものは環境がどんなに変わろうと基本的な部分は変わらないので、デジタル化されて本当に必要になったところだけを改定する、といったところでしょうか。
しかし、この校正記号の運用をきちんとJISの規格どおりに覚えてできてる人ってどれくらいいるんでしょうね。書籍などを扱う印刷会社や出版社なんかだと基本的な教育に組み込まれるのかもしれませんが、当社のようなビジネスフォーム印刷からスタートしたところだとこれまであまり必要な知識ではなかったこともあって、この辺の教育はあまりされていないのが実情です(あ、これは当社に限った話ですよ)。
あらためて眺めてみると昔から使われてきているだけあってなるほど合理的にできています。きちんとこれを使って仕事してみたりするとちょっとかっこいいかなあ、なんてことをちょっと思ったのですが、実際に使う場面は私の場合すくなさそうです。