読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

イサム・ノグチ

art park Sapporo

先週の日曜日、家族でモエレ沼公園に行ってきました。
この公園、日系アメリカ人の芸術家、ノグチ・イサムの設計で作られたもので、「公園そのものが彫刻」になっています。イサム本人は1988年にこの公園のマスタープランを作り上げた直後になくなっていますが、このモエレ沼公園はやっと今年すべて完成しました。

イサム・ノグチ本人については本も出てます。

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)


イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者


あら、DVDまで出てますね。
イサム・ノグチ [DVD]

イサム・ノグチ [DVD]


札幌にはモエレ沼公園以外にも、大通公園にも彼の手による滑り台があったりします。
さて、先週末のモエレ沼公園はかなり気温も低くて寒かったので、外であまり遊ばずにガラスのピラミッドの中でゆっくりしてきました。今年完成した噴水も運転を停止していましたし、さすがにコレだけ寒いと公園内にも人はまばらで、ピラミッドの中でも子供が走り回れていいですね ;-)
ガラスのピラミッドは中にいると天候によって雰囲気ががらりと変わります。




屋上にも上れます。これは避雷針?

この避雷針、ちょうどこのジャケ写
金字塔

金字塔


みたいだな、と思って撮ったものですが、比べてみるとぜんぜん違いますね…。
普段暖かくて天気がよいときはたくさん人が登っているモエレ山もこのとおり人がいない!

結局一番人が多かったのは

の会場だったりします。これ、作品に触っちゃいけないんですね。息子がRocking Stoolに座ろうとしたら係の人が飛んできましたよ ;-) ホントは座ってゆらゆらするのが楽しい作品なのになー。実際に座ってみたい人は

で買えます。つか、欲しすぎる…、けど高い…。
寒さ対策の甘さを反省しつつ帰路につきましたが、防寒さえちゃんとすれば四季を通して丸一日楽しめるよい公園だと思います。

広告を非表示にする