読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

持ち物検査

私はひどい肩こり持ちで、ちょっと放っておくとすぐに首から両肩、そして肩甲骨の内側あたりまですぐにぱんぱんに張ってきてしまいます。原因はいろいろあって、運動不足の上にPCに向かってキーボードを叩いている時間が長い(自宅にいるとずっといじってたりする…)のと、移動も車なのでハンドル握ってますからどっか無理な姿勢をずっとしているはずなのと、ネクタイとサスペンダーと首からさげている携帯電話と数え上げればキリがありません。
身に着けるものを減らしてみたらどうだろうとは思うのですが、今見につけているものを減らすのはちょっと難しそうです…。コレでもだいぶしぼっているつもりなんですけどね…。ためしに上から順にリストアップしてみます。

  1. 首からかけている携帯電話(鞄に入れるなんて考えられない!)
  2. ジャケットの胸ポケットに名刺入れ(コードバン
  3. ジャケットのペンポケットにロットリングのペン(以前も書いたお気に入り)
  4. ジャケットの腰ポケット(右)にフリスク(最近なぜかハマっている)
  5. ズボンのベルトループ(左)に引っ掛けているキーホルダー(USBメモリも)
  6. ズボンの右ポケットにデジカメ(最近持ち歩いている)
  7. ズボンの左ポケットに小銭入れ(名刺入れとおそろい)
  8. ズボンの尻ポケット(右)に財布(カード類だけ入れている)
  9. ズボンの尻ポケット(左)に紙幣(財布とはあえて別にしている)

以前はこの上にジャケットのポケットにPalmとか手帳とか入れていたこともありましたが、今では手帳を鞄に入れているので身につけないようにしています。上にリストアップしたものはどれも「ふと思ったときにすぐに使えないと困る」もの。デジカメなんかは以前なかったのですが、こないだ買ったのがえらい軽くてポケットへの収まりがよかったので、キーホルダーを外に出して今の位置に最近定着しました。別になくてもいいんですけど、気になったらすぐに取り出して撮影するってのは結構面白いんですよねえ。
財布と紙幣を別にしているのは、仮にスリの被害にあった時に尻ポケットの両側を探っていくヤツはいないだろう、というもっともらしい理由をつけてはいるのですが、単に紙幣は裸で持っていたほうが扱いやすいから、というのがホントのところです。コレは昔から。
できればメモ帳なんかも持っていたい気はするんですけど、分厚いものを持つ余裕はすでにないので、とりあえずメモは手帳に統一して鞄に入れるようにしています。
改めてリストアップしてみてもここからさらに外せるものって思いつかない…。
というわけで、身に着けるものを減らさずに肩こりの軽減を図る方法を探る必要があるようです。運動すりゃいいんじゃないの? ってのはとりあえず今却下の方向で ;-)

広告を非表示にする