Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

北海道フードマイスター

今日ひょんなことから知ったのですが、こんな検定試験があるんですね。

北海道フードマイスター認定制度とは、北海道で収穫・生産される食材についての正しい知識を身につけ、自らの食生活に生かしつつ、健康や食文化に至るまで理解を深め、「北海道の食材」を広く伝えていただく為の検定試験です。

主催は札幌商工会議所。北海道じゃないんですね。先日第一回目の試験が行われて、

農産物、魚介類など道産食材について幅広い知識を持つ人を認定するために札幌商工会議所が創設した「北海道フードマイスター」の第一回検定試験が四日、札幌市白石区札幌コンベンションセンターで行われ、道内外から九百二十人が受験した。

というように多くの受験者が集まったようです。
関連していろいろみていたら、このところ「ご当地検定」なるものが隆盛のご様子。

そんな中でも勢いを増しているのが、地域の歴史や文化、観光などについての知識を競う、いわゆる「ご当地検定」です。元祖とも言うべき「東京シティガイド検定」(東京観光財団:2003年スタート)、2004年末の第1回試験で1万人近くの受検者を集めた「京都・観光文化検定試験」(京都商工会議所)に続けとばかりに、今年に入ってから「九州観光マスター検定試験」(福岡商工会議所)、「岡山文化観光検定試験」(岡山商工会議所)、「萩ものしり博士検定」(萩市)、「金沢検定」(金沢経済同友会)、「宇和島『通』歴史・文化検定」(宇和島市の若者塾)などがスタートしています。

いろいろありますねえ。あちこちのご当地検定取りまくる人も出てくるんでしょうね…。
さて北海道フードマイスターですが、次回は3月に第二回目の試験が行われるそうです。試験内容もちょっと見せていただきましたが、なかなか面白そうですよ。テキストも市販されているようですので今度見てみようかな…。

で、ちょっと役に立つかな?

広告を非表示にする