Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

Ordinary People

六本木方面で起きている件については全く言及する気がないのだけれど、梅田望夫さん(id:umedamochio)の短いコラム(id:umedamochio:20060124:p1)を読んでぐっと来た。朝っぱらからちょっと涙が出そうになった。

ビジネスの世界というのは、「普通の人」が「ごく普通の常識の範囲」で「普通の度胸」で、冒険したり挑戦したりできる場である。 その範囲のゲームをしている分には(まぁ「普通の人」には、その範囲のゲームしか度胸がなくてできないのだが)、ごく普通に、成功したり失敗したりできる。そういう場であるべきで、実際にそうなのだ。

ちょうど去年ヒットした、

Get Lifted

Get Lifted


の収録曲“Ordinary People”という曲を思い出した。

We're just ordinary peoplle

We don't know which way to gooo

Cause we're ordinary people

Maybe we should take it slow

もちろん決断を下さねばならぬことは毎日たくさんあるし、スピードを上げて進めなければいけないことも山積みになっていくのが日常ではありますけど、それでも世界のビジネスを動かしているのはほんの一握りの「普通じゃない人」ではなく、圧倒的多数を占める「普通の人」の営み。
がんばろ。

広告を非表示にする