読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

作業快調とか言いながら仕事のことはあまり書いてない

RFID Hong Kong Business trip

朝、集合時間よりも早めに起きてしまったのでホテルの近くを散策してみました。思っていたよりも町がきれい。

でも歩いてるとあちこちで人が声張り上げて話していたり、車やバスが「ぷー!」とか「ぱぱー!」とか言いながら通り過ぎていくので交通量は少なくても結構うるさい。あと、走っている車がことごとく日本車です。たまにメルセデスが走っていますが、日本以上に日本車の率が高い気がします。タクシーも日本と同じトヨタのコンフォートで自動ドア。この点はまるで外国に来た気がしません…。

坂道も多くて自転車とかでは生活しにくそうです。実際に二輪のものは人力(自転車ね)も動力つき(オートバイね)もこちらに来てからほとんど見かけてません。
その後メンバー集合して朝食。ホテルのレストランではなく近所のお粥屋さんでおそるおそる注文。

貝柱や豚肉、ピータンなども入っていてなかなか美味。隣の焼きそばはちょっと微妙。まずくはないけれどすぐ飽きてしまった。
受け入れ側での進行が遅れていて、実験作業が開始できるのが午後からになってしまったので、とりあえず香港見学。セントラルまで地下鉄で移動してまず圧巻だったのは、

とにかく立ち並ぶ高層ビルの数々。地震がないので40階建てとか当たり前にばかすか建ててしまうらしい。今一番高いビルは88階建てのオフィスビルだそうな。フェリーで香港島から九龍側に移動したときに海からも撮ってみたのですけど、

ものすごい数の高層ビルが並んでいます。ビル撮ろうと思ったのにフェリーが乱入 ;-)
あと、驚きなのがどんな高層ビルでも、建てるときや補修のときに組む足場は全て、

竹でできています。上の写真は下から見上げて撮ったもの。ちょっとわかりづらいかもしれませんが、

こんな感じでビル全体を覆います。これ全部竹ですよ。この上で作業するのはものすごく怖いような気もするし、経済的で合理的で、かえって危険も少ないような気もします。
そんな感じで午前中は過ごして午後某社へ移動して打ち合わせ。なんと一週間前に急遽引越ししたばかりで、倉庫も一時的に別なところのものを間借りしているところとのこと。ただでさえばたばたとお忙しいにも関わらず今回の実験にもご協力いただきました。多謝。
いろいろ情報交換もさせていただいて、

巨大な物流センターに移動。ここもとにかく巨大…。話によると、コンテナの取り扱い数では世界で一番だそう。周辺は巨大なコンテナが怖いくらいにぶんぶん走ってます。
で、中に入って某社が使っている冷蔵庫の中に行くと、

例のおいしそうなトマトがパレットの上で鎮座ましましておられました。ホントはコンテナを開けるところから見ておきたかったのですが、それはかなわず残念。現場の方のご協力であのパレット出してとかこれこっち側に向けてとかいろいろやってもらいながら、

手早く作業を進めていきます。ちなみにうつっているのはシステムデザイン開発のSさん。ハンディ持たせて農産物に貼り付けたRFIDを海外で読み取らせたら今のところ世界一の腕前の持ち主です。それにしても作業場所は冷蔵庫の中だからとにかく寒い!
その後日系スーパー地下に移動して、

ここまで運ばれてきた荷物を追いかけてまた冷蔵庫内作業。寒い!
予定していた作業は何とか無事にこなせました。ご協力いただいた某物流会社の皆さん、某日系スーパーの皆さん、大変ありがとうございました。