読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

FinePix Z1

普段何を持ち歩いているかを描いたエントリ*1で、いつもデジカメを持ち歩いていると書きました。以前は「ケータイのカメラがあるからいいやー」なんて思っていたのですが、携帯のカメラだととっさに撮りたいときに限って意外と起動するのが遅かったり、普段は携帯電話のメールで送れるサイズで撮影するモードにしているので、ちょっと解像度を高くしてきれいに撮りたいときなんかも、設定の変更に戸惑ったりしてしまうので、新しいデジカメを買ったのを機にいつも持ち歩くようにしてみました。
意外と使うシチュエーションはあるもので、たとえば商談時にお渡しいただけないサンプルなんかを見せていただいたときなんかもさっと撮影してしまったり、気になったものなんかをメモ的に撮影しておくことでいろいろと考えるきっかけになったり。酒席で嫌がられることもたまにありますが ;-) ぱちぱり撮影しているとおおむね「あとでくださいー」とか言われたりして後日のコミュニケイションのきっかけになったりと非常に便利です。先日の香港出張でも実験の撮影に、機内食の記録にと大活躍しました。
さてさて、持ち歩いているのは、

FUJIFILM FinePix Z1 B デジタルカメラ ブラック

FUJIFILM FinePix Z1 B デジタルカメラ ブラック


というヤツです。いまではさらに高感度で撮影できる新機種の、
FUJIFILM FinePix Z2 ブラック 500万画素

FUJIFILM FinePix Z2 ブラック 500万画素


なんてのが出てます。写真だとわかりにくいですが、Z2のほうがちょっと見た目もかっこよくなっていてうらやましい…。
しばらく持ち歩いての感想なんですが、

よいところ

  • 起動が早い

取り出してカバーをスライドさせればすぐに撮影できるようになります。
これはなかなか早くて快適。

  • 小さい

ズボンのポケットに突っ込んで持ち歩いてますが、非常に収まりがいいです。

  • そこそこきれいに撮れる

携帯性重視の機種だと思ってナメていたら、なかなかきれいに撮れるものでびっくり。ちょっと立体感に欠けるのっぺりした感じにはなりますが、記録用のデジカメでとっさに撮るケースが多いので別に問題なし ;-)

よくないところ

  • ウリの高感度はあまり使えない

基本的にフラッシュは焚かずに使ってますが、高感度(ISO800)をウリにしているわりにはブレてしまうコトがままあります。同じFinePixシリーズでも高感度モードとフラッシュモードを連続で撮影する機能がついているのがありますが、あの機能はちょと欲しいかも。

  • 充電と画像の転送にクレイドルが必要

カメラ本体は携帯性抜群なんですけど、充電したりPCに画像を転送するのに*2いちいちクレイドルが必要なのはいただけません。
ACアダプタと電源ケーブル、USBケーブルとクレイドル本体を自宅に置いておくにはいいのですが、出張時にいちいち持っていかなくてはいけないというのは面倒です。
せめて一本のUSBケイブルで充電と画像の転送ができるようなものが出てくれればいいんだけどなあ…。

*1:id:jwatanabe:20051117:1132176216

*2:画像の転送だけなら xD Picture Card リーダを使えばいいんですが面倒…。

広告を非表示にする