読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

YouTubeで見るRFIDのまとめ

YouTubeで見ることができるRFID関連動画のメモ。英語がわからない人でもそこそこ楽しめる(?)ものを集めてみました。

まずはIBMさんのテレビコマーシャル。かっこいい。
でも気持ちはわかるけどちょっとかっこよすぎというか、現実離れしすぎではありますな。

これはドイツのMetro社が中心となっているFuture Store Initiativeのプロモーション用ヴィデオですね。わかりやすい。

これはドイツのテレビ番組かな? 全編ドイツ語なのでしゃべっている内容はちんぷんかんぷんですが、フィットネスセンターでの事例やさっきのMetro社の映像も出てきます。後ろのほう(2:58あたり)でDe-Activatorにも触れているので、RFIDのプライバシーにかかわる問題についてもちょっと触れているのかな?

これはアクセンチュアの宣伝用ヴィデオ。ありがちなデモだけど、わかりやすいところがちょっとくやしい ;-)

こいつは米国のテレビ番組なのかな? ちょっとBGMの選曲が古臭かったり悲しげ過ぎたりビミョーですが、結構壮大なスケールで描かれるRFID活用の世界はなかなか見ていて楽しい。

UHF帯のスマートラベルに印字してマテハン上の箱にぺたぺた張っていく機械のデモヴィデオ。Fox IV Technologies社というところの製品なんですね。これは面白いなあ。

米国のベンチャー企業っぽいところの製品紹介ヴィデオ。商品陳列棚にRFID仕込んで便利に使いましょう、というスマートシェルフの一般的な解説はこれでだいたいのところをばっちりおさえることができますよ ;-)

というわけで、最後に恵和ビジネスの例の宣伝用フィルム。なんでかYouTubeに貼ってあります ;-)

余談(本当におまけのお話)

こうやってYouTubeRFID関連の動画を探してみると、RFIDの体内埋め込みに関する動画がたくさん引っかかります。私個人は興味がないというか、ちょっとグロ動画も混じる(チップを埋め込むところを撮影して公開する馬鹿な連中が何でこんなにいるんだ!)ので見なかったりするのですが、

その上で跳ねると後ろにある機械から火が出るトランポリンなのですが、手に埋め込んだRFIDを読み込ませないと火が出ないという非常にくだらない代物。気になったのはこのトランポリンじゃなくて、この男、

中国のテレビ番組の取材を受けてインタビューされているじゃないですか。RFIDの体内埋め込みでは国際的な有名人、というわけですか…。
と思ったら、
:: Mikey Sklar :: Electric Clothing
彼のwebsiteが見つかりましたよ。

I am a 3rd generation geek. Grandpa worked with IBM systems in the early 1960's. Mom still teaches classes on productivity applications. I have been using UNIX since 1993 (when I was 15 years old).

だって…。へんなひと…。
って、余談が長くなっちゃったよ…。

広告を非表示にする