Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

恐るべしドイツのノベルティ

このボールペンは、当社で導入しているRFIDラベル・カード加工機のメーカ、Melzer社のノベルティとして先日いただいたもの。いつも使っているロットリングのペンを忘れてしまったりした時に使っているくらいであまり気にも留めていなかったのですが、

を見てびっくり。結構お高いボールペンじゃありませんか…。

LAMY社のwebsiteでも、rollerball pensのトップに載ってる製品ですし、良く見る100円ショップで売ってそうな安物ボールペンに名入れしたものとは格が違う感じ。
こんなのほいほい名入れして配るのですねえ。すごいなあ。
ノベルティってそれこそ単価勝負みたいなところがあって、同じコストでも以下に数をばら撒くかというところにフォーカスしがちだと思うんですが、それとは正反対*1のアプローチ。
でもいただいてから結構経つんですけど、昨日まで高価なボールペンだとは気づかなかったんですけどね…。ものを見る目がないのかなあ…。

*1:そういや、最近「正反対」のことを「真逆」とか言うのを良く聞きますけどアレ何なんでしょうね。「高い」の反対語を「高くない」って答えるのと同じレベルのような気がするんですけど…。「正反対」とか単に「逆」じゃだめなんでしょうかねえ。

広告を非表示にする