Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

ピタゴラ装置DVDブックおもろい

11月はあんまり書かなかったから12月はちゃんと書こうねお父さん、と書いた矢先に一週間の放置プレイ。これだもの。やるなあ俺。
というわけで、気を取り直して最近買ったDVDのお話なんですが、

ピタゴラ装置DVDブック1

ピタゴラ装置DVDブック1


これ面白いです。NHKのピタゴラスイッチという子供番組のいちコーナーを抜粋してDVDに仕立て上げてるんですが、何度見ても飽きませんです。CMプランナーの佐藤雅彦が学生さんたち(慶応大学佐藤雅彦研究室)と一緒に作っているのですが、ひとつひとつうならせるところが必ずあって、ウチの子供たちも一緒に見ています。
個人的に気に入っているのは「さまよう紙コップ」と「トランポリン」。どうやったらこんな仕掛けが思いつくんでしょうね…。
ちなみにこういう仕掛けのことを「ルーブ・ゴールドバーグマシン」と呼ぶそうです。機械化・合理化への風刺を込めて米国の漫画家・ルーブ・ゴールドバーグが書いた漫画が基になってこういう風に呼ぶそうです。ちなみに公式サイトはこちら。
Rube Goldberg
Artwork Galleryでいくつか作品を見ることができます。おもしろい。
ピタゴラ装置もその辺にあるものばかりを使って、一つ一つの仕掛けは単純ながらもいろんなものを組み合わせることで意外性や複雑さを表現しています。合理化への皮肉として見るのもひとつですが、最終的な結果を得るためのプロセスを楽しむためにどう物事を考えるか、のヒントとして受け止めると、日々の仕事にもいろいろと役立てそうです。
←読んだらクリック

広告を非表示にする