Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

タイムマシン

たまに思い出したように本の紹介 ;-)

タイムマシン

タイムマシン


これ、子供向けのお話なのですが、何よりもちょっと何かに疲れたときに大人が読むために書かれたんじゃないかと思うくらい。橋本大也氏のblogで紹介されていたので気になって購入したものです。

screenshot

学校をドロップアウトしたThink Differentな子供たちが未来を変えていく。自身の体験をもとにしたということは、一見、宇宙開発のエリートに見える著者も内面はドロップアウト組なのかもしれない。そう考えるとなおさら力強いメッセージを感じる。

著者のアニリール・セルカン氏はドイツで生まれ育ったトルコ人。NASAの宇宙飛行士候補の一人(トルコ人としては初)で現在は東京大学大学院助手としてインフラフリー住宅の研究をされています。なんと日本語でblogも書いておられる。
screenshotアニリール・セルカン
そういえばこの本のどこにも「訳者」の文字がない…、ってことはセルカン氏が日本語で書いたってことですよね。すごいな…。
ストーリーはセルカン氏の体験した実話に基づくものでだそうですが、こんな行動力のある子供たちがもっとたくさんいたら世の中変わるだろうなあ。そういう子供たちを育てる大人にこそ読ませたい一冊かも ;-)

screenshot

誰しも子供の時代を経て大人になっています。子供の気持ちがわからない。そんなことはないんじゃないでしょうか。子供は、先生や親だけでなく、社会が育てていくものです。未来の子供の環境をどう創っていくか。僕はそういう側面も含めて、これからの子供の未来を創造し、僕なりのメッセージを伝えて行きたいと思っています。

「タイムマシン」もそのメッセージのひとつ、ということなのでしょうね。
あわせて

宇宙エレベーター

宇宙エレベーター


も読んでみようかな。Sci-Fi読み始めたらハマってしまってきりがないからなんとなく遠ざけていたのですが、そうもいかないみたい ;-)
←読んだらクリック

広告を非表示にする