読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

ゲテモノだいすき

沖縄から東京に移動してきています。金曜日まで首都圏でいろいろと動き回るのですが、札幌よりはよっぽど暖かいとはいえさすがに沖縄で着ていた夏物のスーツでは寒いですね。冬物も持ってきていたので荷物の重たいこと重たいこと…。金曜日まではこちらでいろいろ。

ゲテモノを食べに行った

夜はちょっと大学時代の仲間たちと久しぶりに会食。昔みんなでよく飲みに出た新宿でゲテモノ食べてきました。お店はゲテモノ好きの間では定評のある思い出横丁にある「朝起」。

カンバンも派手な面構え。こちらも身構えます。

さて食べたものの中でいわゆる「ゲテモノ」に分類されそうなものをいくつかご紹介。まずは豚のキンタマ。

これ、うまいです。生の内蔵肉ってだけで敬遠する人もいるかもしれませんが、生のレバーよりも癖が無いですし、歯応えもあってもっと出す店があってもいいなあと思うんですけど、流通しないんだろうなあ…。

それからこちらは同じく豚の子宮。焼肉屋さんでは「コブクロ」でおなじみですが、生で食べるのは初めて。

こちらも歯応えがあってなかなか。でも個人的には焼いたほうが好きかなあ…。
あと、フジツボもあったのでオーダー。

焼いて出てきましたけど、これはちょっと苦手かな…。西原理恵子の漫画でも出てきてましたけど、あんなにたくさんは食べられないな…。
これはゲテモノじゃないけど鯨の味噌漬け。肉じゃなくて皮のほうですね。

なかなか珍味。鯨はやっぱりうまいなあ…。
それからこれはサンショウウオの姿焼き。ブレてますね、すいません。

小さいので一口で食べられます。タレの味もあって素材の味はなんだかよくわからないものの、結構うまくてすぐにお皿から消えました。あわてて写真撮ったんですよ!

ゲテモノ食いは幸せだ

別にこんなゲテモノもの食べなくても生きてはいけますし、別に困ったりすることはありません。白いごはんとつけものとみそしると出汁巻き卵と焼き魚があれば充分幸せな食卓になります。豚のキンタマなんて普通「うわあ食べたい!」なんて思いませんよね。
でも食べたこと無いものって世の中にたくさんあります。鼻が曲がるような異臭を放つチーズだっていろんな種類がありますが、あっちは「グルメ」でキンタマは「ゲテモノ」? だから食べない? そんなの誰が決めてるかというと「自分でゲテモノだと決めつけている」だけですよね。自分が知ることができる範囲を自分で狭めているだけです。そんなのつまんないよね。食い物のことだけじゃなく!

大学生はバカだった

相変わらず学生時代の仲間とはバカなことばっかり話しながらあっという間に時間が過ぎていきました。たまにこうやって集まるともういいおっさんの癖に昔に戻りますね。あの頃は本当にバカだったなあ…。今でもあまりかわりませんが…。
←読んだらクリック

広告を非表示にする