読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

AEDがやってきた

gadget
AEDを設置しました

以前からあったらいいなと思っていたもののひとつにAEDがあります。
AED、Automated External Defibrillator、自動体外式除細動器です。急性の心臓疾患で正常な鼓動をとめてしまった心臓に電気ショックを与える機器ですね。詳しくは、

screenshot

心臓が停止した場合、一刻も早く人工呼吸、心臓マッサージを行うとともに除細動器(AED等)によって心臓に電気ショックを与えることが必要となる。

をご一読ください。
以前は医師にしか扱えなかった除細動器ですが、今では一般市民でも扱えるようになり、公共施設や人が多く集まる場所への普及がだいぶ進んできました。街を歩いていてもよく見かけるようになりましたよね。
というわけで遅ればせながら弊社内にも設置しようということになり、複数台購入して設置しています。

screenshot

札幌本社ビルに4台、中央区にあるデジタルビルに3台、東京本社他に2台の計9台を購入し、札幌本社ビルには正面玄関に付設の金融機関ATMの側面に設置し利便性を向上させ近隣住民の方も利用可能としました。


もちろん地域住民の皆様にも使っていただけるようにと正面入口にも設置してあります。

いつも地域の皆さんにご利用いただいている北洋銀行様のATM横に設置してあります。

もし緊急の際はご利用ください。こんなステッカーも貼ります。

AEDとはどんなものか!

さて、社内に置くAEDはこんなケースに収められています。

なかなかカッコよいですよね。お出かけにも違和感なく持っていけそうです。8月4日の結婚記念日(私のじゃないですよ)の奥様とのデートにも最適です。

さて、ケースを開けてみるとこんな機器が顔を出します。

ケースのフタ側には、

救急セットが入っています。使い捨ての手袋、人工呼吸の際に使用するマスク。それから、体毛が濃いと電極パッドの密着度が低くなってしまうからでしょうか「脱毛テープ」なんてのも入っていますし、汗でぬれていると支障があるのでしょう、使い捨てのタオルも入っています。
それからこれが、電極パッドが入っている袋ですね。

空けてぺろっとはがして貼るんですね。パッケージのイラストがものすごくわかりやすいですね。そして、これがAED本体の機器。

スイッチを入れると音声でガイダンスが流れて、それに従えばよいのだそうです。

なんでAEDを買ったのか

これを社内に設置した目的は二つ。ひとつは社内及び社屋周辺でAEDが必要な事態が発生したときに対処できるようにすること。そしてもうひとつは弊社の社員が一人でも多く、「いつどこでAEDが必要な事態に直面しても対処できるようになる」ことです。
街中でAEDを見かけることは多くなりましたが、いざその場面に直面して実際に対処できる人は多くはないでしょう。少なくとも使い方を知っているかどうかでは大きな違いがあるはずです。社員への講習会などはこれからですが、できるだけ多くの社員が受講してほしいと思っています。

使い方を知っている人を増やせば、もしものときにちゃんと使える人も少しづつ増えます。AEDみたいなものが「どこかの勇気ある誰かが使うもの」ではなく、「もしもの時に自分が使えるもの」だということを少しでも知る人が増えればよいなあ、と思います。

ちなみに、全然関係ないですが、

ドクター・フィールグッド

ドクター・フィールグッド


に収録されている「Kick start my heart」なんつー曲もカッコええですね。
KEIWA Business is gonna kick start your heart, baby!
←読んだらクリック

広告を非表示にする