読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

ブリュッセル最終日、つか帰る日

ブリュッセル最終日は夕方の飛行機まで市内観光。とはいっても疲れてるし時間もあまりないのでそれほどゴリゴリとは歩き回らず。バスで王宮とかサンカントネール門とかをぐるっと回って、グランプラスで昼食をとってそのあと自由行動でぶらぶら。

とにかく美しいアーケード。晴れることが少ないので採光に工夫があるんですねえ。

美しい。
双方とも「ギャラリー・ドゥ・ロワ(王のアーケード)」です。あと、女王のと王子のもありますが写真撮るの忘れちゃった…。
グランプラスの周辺は小路が入り組んでちょっと異国情緒も混じった街並みがあったり、

ちょっと恥ずかしい「小便少女」がいたり、

これ、ホントにみてるこっちが恥ずかしくなっちゃいます。
即死、という意味の名前のカフェがあったり(同名のビールもある)、

その前にはなんだか2ちゃんねるで出てきそうなオブジェがあったり、

結構面白い。そしてもちろんブリュッセルの定番といえば、

小便小僧。お約束。
そしてグランプラス。ビクトル・ユーゴーが「世界一美しい広場」と絶賛したり、ジャン・コクトーが「絢爛たる劇場」と称賛しただけあります。

screenshot

グラン=プラス (La Grand-Place de Bruxelles, オランダ語では Grote Markt) は、ベルギーの首都ブリュッセルの中心的な大広場。ヴィクトル・ユゴーが賛嘆したことでも知られるこの大広場は、世界で最も美しい広場のひとつと見なされている。1998年にユネスコの世界遺産に登録された。

自由時間はひとりでぶらぶらしてビール博物館でビール呑んだり、チョコレート屋さんに行ってお土産のチョコ買うついでに

マカロン買って食べてみたりしてました。甘かったー。
なんてやってるとあっというまに空港へ行く時間。バスで空港に向かいます。これはブリュッセルの空港においてあったコーラの自動販売機。小便小僧バージョン。

それから、某社社長が米国出張のときにゴミ箱レポートしてた

screenshot

初日は、飛行機の関係でシアトルに入り、すぐカナダバンクーバーへ50分かけて移動。国境を越えるといってもかなり近い距離だ。

のでちょっとだけマネ ;-)

フランス語、オランダ語、英語併記で、ちゃんと分別がわかりやすいようになってます。それからそれから、トイレに行ったら、またまたハエ付き便器が!

日本に戻ってから某次長が教えてくれたのですが、

screenshot

昼食で立ち寄ったレストランのトイレ。 男性用トイレの便器の中にはサッカーゴールが!

なんてのもあるみたい。これは確かに狙いたくなる…。
帰りはまずブリュッセルからフランクフルトまで、Lufthanzaで一時間ちょっと。

またまたフランクフルトでゴミ箱の写真を撮ったり。

今度はさっきの三ヶ国語に加えてドイツ語も併記。
で、フランクフルトから成田まで11時間超のフライト。機内食は、

と、

でした。疲れていたせいかあまり食欲わかなかったな…。
帰ってから「なんかー、ビールばっかりー、呑んでませんかー」って社員にえらい言われましたが、間違ってはいないので「呑んでましたー」って素直に白状しています。でも仕事もしたんだもーん ;-)
←読んだらクリック

広告を非表示にする