読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

親不知三本の抜去、無事おわりました

health

金曜に入院の手続を済ませてすぎに外泊して日曜に戻るというさっそくの不良入院患者ぶりを発揮した私ですが、無事に帰ってまいりました。今回はおもいきって親不知を三本いっぺんに抜くという荒技に挑戦してきましたよー。

月曜に抜いたのですが、日曜の夜は意外や意外、ぐっすりと眠れました。そのかわり起きてからどんどん怖くなってきたんですけどね…。12時から手術。前日の21時以降は絶食、当日の8時以降は水分の摂取もだめだったので、手術前はおなかぺこぺこののどからから、のはずだったんですが意外と平気でした。それよりもやっぱり手術に対する恐怖心の方が大きかったみたいですね。
予定の12時を30分ほど過ぎてから看護師さんに呼ばれて手術室へ。そのまま歩いて手術台にあがって横になると、目の前にはあのまるくておっきなライトが。うわー、こえー、と思ってるとあれよあれよと心電図を録るための電極やら血圧計やらをつけられていきます。左手の甲には静脈に管が入れられて、ここから麻酔が入りまーす、と簡単に説明されました。酸素マスクをあてられて、「そろそろ左手から麻酔が入ります。そこから冷たく感じるとすぐに眠くなって寝ちゃいますから」って言ってるのを聞いてるそばから左手にだんだん冷たい感覚が。「お、来たなー」と思ってると数秒後にはじんわりと寝むたくなってきました。ってところまでしか記憶がないのでそのまますーっと麻酔が効いたんでしょうね。
「渡辺さん、終りましたよー」って肩を叩かれて気がついたらもう手術室の外。ストレッチャーからベッドに移されて病室まで運ばれます。まだぼんやりしていて、起きてたはずなんですがあまり記憶がありません。12時30分に呼ばれて病室に戻ったのが14時30分過ぎですから手術自体は一時間半くらいでしょうか。病室に戻ってわりとすぐに立ってトイレまで行ったんですが、はっきりと覚えているのはそのあとの16時くらいからでそれまでの記憶はぼんやり。痛みはまだそれほど感じなかったのですが、出血がやたらあったのでそれをティッシュに取って捨ててばっかりいました。出血はなるべく飲まずにティッシュに取って捨ててくださいねー、って言われていたんです。左手の管はまだついたままで、手術後はそこから止血剤の点滴を入れてました。夕食の時間になると3分がゆと流動食が。口を動かすのはかなり辛かったのですが、なんとか完食。止血剤の点滴が終ったあとは抗生物質の点滴。それから痛み止めの錠剤が処方されました。術後一日目の夜は気疲れのためかおもいっきり爆睡。
二日目以降も朝晩に抗生物質の点滴と鎮痛剤だけ。心配していた腫れも痛みもそれほどなく予後も順調でちょっと拍子抜けしたほどです。入院前には「早ければ 9日には退院できるかもねー」なんて言われてたのが、火曜日の朝に診察を受けた段階で「明日出れますけどどうします?」ですって。うわ。出ます出ます。というわけで水曜日の午前中にささっと退院し、その日は一日自宅で静養して木曜から通常通り出社してました。食事の時はさすがに痛みましたが、それ以外ではなんら不自由なく生活してました。で、本日午前中に抜糸。自然に抜けた糸も何本かあったみたいであっというまに終了。あとは抜いたところの歯茎がもっと盛り上っておちつくのを待つばかり。これには数週間かかるそうですが、もうほとんど痛みもないのでとくに意識することもなさそうです。
今回は一気に三本抜くということもあり、入院して全身麻酔下での手術を選択しました。正直意識下で親不知を抜くのが怖かったというのもありますし、外来で通院しながら一本づつ抜いていくとそれなりに期間もかかるというのが大きな理由でしたが、やはり大正解だったと思います。正味仕事をまる一日休んだのは5 日間ですし、前後の通院もそれほど時間を取られていません。痛みや腫れでひーひー言ってる時間も短かかったですし、なによりも抜歯している間の精神的苦痛、ストレスがないので結果的に体への負担も少なかった気がします。抜かずに済めばそれに越したことはないのですが、これから親不知を複数本抜かなきゃいけない人はかかりつけの歯科医さんに相談してみるといいのではないかと思いますです。
←読んだらクリック

広告を非表示にする