読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

札幌市の水道水

Sapporo

札幌市の水道水は豊平川の上流、定山渓渓流の水を浄水して作られているそうですが、それをペットボトルに詰めて売っている、というのはご存知でしょうか。

screenshot

札幌の母なる川、豊平川上流定山渓渓流の水で作られた水道水から塩素を除去してボトル詰めしました。

2004年にちょっとだけ作って配ってみたよ、って記事は

screenshot

札幌の水道水がペットボトルになった。

市水道局が、札幌の水道水のよさを知ってもらうため「さっぽろの水」として2万本作ったもので、水道局のイベントなどで配布される。

読んでいて知っていたのですが、今では札幌市内と東京で販売もしているのです。
先日売っているところに立ち寄ったのでちょっと買ってみました。

パッケージにはクラーク博士。わかりやすい。

キャップには「ウォッピー」という札幌市水道局のキャラクターが。

screenshot

ぽよんぽよんと突き出たお腹、無邪気なポーズが可愛らしい、水滴の男の子をイメージしたキャラクターです。

水道水とはいえ、蛇口から出てくる水とはちょっと違います。水道管を通して供給するにはカルキを入れなければなりませんが、ペットボトルの場合はそのカルキが必要ありません。というわけで、普段我々が飲んでいる水道水よりもおいしい…。
東京では有楽町の交通会館にある「北海道どさんこプラザ」と、東京駅八重洲口にある「北海道フーディスト」で購入できます。
私がこれを買った札幌の経済センタービルにある「北のブランドアンテナショップ」には、札幌市の水道水以外にも道内各地の湧き水なども売ってましたよん。
ちょっと検索してみたら、
screenshot水道水 ペットボトル - Google 検索
けっこうあちこちの自治体で水道水をペットボトルにつめて売ってるんですね。
飲み比べたら違いがわかるものなんでしょうか…。
←読んだらクリック

広告を非表示にする