Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

初仲人してきました

当社に入社して二年目の若手営業マンの結婚式で人生初の仲人をやりました。
まさか30代半ばでこんなことになるとは思っていなかったのでびっくりしましたが、お引き受けすることにしました。
それにしてもレンタルのモーニングが似合わないこと甚しい…。

着慣れないものは難しいですねえ。
仲人といえば最大のイベントは媒酌人挨拶なわけですが、これも難しかった…。新郎新婦からもらった原稿をもとにいろいろ思案しながら書くわけですが、どこまでふざけていいのか…、じゃなくて、この年齢であまり年寄りじみたことを喋っても説得力ないですし、かといってヘンに軽過ぎても新郎新婦やご両家に失礼になっちゃう。
いろいろと参考に、と思いつつ、

screenshot

上記の体験から、結婚式の披露宴では良い話をしたことが有りません。二人が幸せに成って欲しいとの思いで一杯です。

ですから、本当の話に成ります。

過去に私の意図が汲み入れて戴けなくて、宴席でそんな事は無いと新郎の応援スピーチをされた親族が有りました。

何にもしない優等生よりは、多くの体験の有る社員の仲人はこちらから買って出たいモノです。

ましては新入社員や頼まれ仲人は遣りたく有りません。

減点も多くあり、得点がさらに多くある社員の仲人をするときはこの上ない慶びです。

株式会社武蔵野の小山社長のところなんかを参考にしてみたり。でもここまではとても出せませんでした ;-)
最終的にはちょこっとだけ笑えるところを作って短かくシンプルにまとめたつもりでしたが、ちょっとシンプル過ぎたかも…。それにしても高砂の席で喋るのは緊張しますね…。
挨拶が終ればあとは主役がメインですからおとなしくしているだけになります。デジカメも持ち込んでいたので、高砂の席に座っていながらちょこちょこ撮影してたりしました。キャンドルサービスでこの角度で撮影できるのは仲人だけです!

新郎が新婦にも内緒で仕込んだサプライズとかもあったりと、若い世代はハジけつつもちゃんと年寄りまで泣けるシーンもたっぷりあり、とても良い披露宴になりました。
今回結婚した二人はまだ若いですが、実に元気でまっすぐな気持ちのよいカップルです。こんな仲人で申し訳ないなあと思いつつ、二人が幸せな家庭を築けるようこれからもサポートしてあげたいなあと思っています。お幸せに!
←読んだらクリック

広告を非表示にする