読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

2009年度キックオフ

event

毎年恒例の年度キックオフ。いつもは札幌在勤の社員と東京の部門長だけでやってましたが、今年は50周年という節目でもあるので東京からもいつもより多めに参加です。
と、その前に50周年記念誌の企画で社員で人文字作りましょう! というのがあるのでその撮影を。

会場ではクレーンの上にカメラマンさん乗って撮影します。
クレーンの下では、

モニタで文字の形や表情を確認しながら人を動かしたり笑わせたり。
こんな感じで撮影が進んでいきます。

前の方になるとカメラを見上げのにかなり角度があるので首がたいへん。私も一番前になっていたのでしんどかったー。
さて、撮影のあとは会場を移してパーティ。社長の挨拶のあとは新入社員の歓迎会も兼ねているので新人の紹介。

入社したばかりの6名と、彼等をしばらく教育する指導社員が一緒に壇上に。
それから、この一年のあいだに中途入社した4人も自己紹介。

新社屋の地下には社員食堂があるのですが、そこの切り盛りをお願いしている女将さんにも来てもらっていたので挨拶を。

なぜか総務人事部長まで壇上に上げられて食堂のアピールなんぞしてもらいました ;-)
あと、社屋移転のお祝いにたくさんの胡蝶蘭をいただいたのですが、社内で置き場所が決まったもの以外は社員にいかがですかー、と募ったところなんと応募が殺到。というわけでこのキックオフで抽選会を行なうことになったのでした。

こんなのが出てきて、

みんなクジを引いて当った番号のところに自分の名前の札を貼っていきます。応募者も多かったのですが当る確率は非常に高かったのでした。
そして、キックオフでは恒例となった新入社員による余興。「じゃあカラオケ歌いまーす」という残念なものが続いていたこともあって、二年前の新入社員からカラオケ禁止令を出したところ、いろいろとイベント性のある、見ていて楽しい企画を考えてくれるようになりました。今年もイキナリ、

こんな感じで踊り始めました。先頭に立っているのはシステム事業本部に配属された男の子。配属先間違えたかなー…。

結構ちゃんと振り付けも考えられてて (って、これ決ったのがあったの? それともオリジナル?) ちゃんと踊ってました。
しかもこれだけでは終らず、ふたチームに別れて頭、腕、足に万歩計をつけて一定の時間でどれだけ数字を伸ばせるかを競うゲームが始まります。

お酒も入ってるのに頭振るなんて…。しかもお約束の罰ゲームは、

カラシ入りのタコヤキ!
なぜか負けたチームの指導社員も壇上に上げがれて一緒に食べてました。とばっちりを受けて壇上に上がった営業、S君にあたった模様。いやあ、お前は「持って」るな、うん。
それにしても司会までばっちりこなしたY君はもうノリノリ。このまま変な趣味に目覚めなければいいけど…。

このあと恵和ビジネスの50年の歴史を振り返るビデオが流され、私の先導で2009年度へ向けてみんなで勝ちどきの声を上げて問題なくキックオフは終了。
問題だったのは、新入社員たちの余興への力の入れように危機感を募らせた営業のM君が、焦りのあまり二次会に入ったとたん、

こんなことに! このあとこの衣装は数名で着回されることに! いや、そのノリ、変だから! おもしろすぎるから!
と、若干の不安要素を抱えながら、恵和ビジネスの2009年度はスタートします!
←読んだらクリック

広告を非表示にする