Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

アコムプレゼンツ日刊スポーツ豊平川マラソンに参加してきた!

さてさて、ゴールデンウィークの真っ只中、私のメインイヴェントはマラソンなのです。子供の日なのに…。
というわけで、アコムプレゼンツ日刊スポーツ豊平川マラソンに参加してきました。二回目のハーフマンラソンに挑戦。9時頃に会場入りして受付を済ませてゼッケンを受けとります。番号は、

「426」でした。前回の「3396(散々苦労する)」みたいなのじゃなくて良かた…。
一緒にこんな赤い袋をもらいました。

中にはプログラムの冊子とタオル、帽子などが入っていましたよー。
それから、タイムの計測はいつも通りRFIDでやるのですが、今回のは、

こんな感じで靴紐に通すタイプのものでした。昨年の札幌マラソンや前回走った伊達ハーフマラソンのものはちょっと違いますね。なるほどなるほど。
さて、スタート時間が近付くと徐々にテンションがアガってきます。

スタート地点に向う人々もそれぞれウォーミングアップやストレッチに余念がありません。

スタートのゲートはこんな感じ。

こういうの見るとさらに盛り上ってきちゃいますねえ。
今回のコースは真駒内公園をスタートしてそのまま豊平川河川敷に入り、東橋のあたりで折り返してまた真駒内公園まで、というもの。
screenshotJogNote ルートマップ
真駒内公園の桜とかも楽しめましたし、普段見ている街を走りながら眺めたりするのはちょっと新鮮でした。去年の札幌マラソンではそんなこと考える余裕あまりなかったんですけど、今回はそんなことを考えながらどんなに抜かれようが坂道だろうがじっと自分のペースを崩さずにイーブンで走ろう、ということだけ気をつけてました。
それが功を奏したのか、手許の時計では15km地点まではほぼぴったり5分/kmペースをキープできました。そのあと若干ペースは落ちたものの、当初目標にしていた1時間50分切りは余裕を持って達成!スタジアムに戻ってきた時も満面の笑みで思わずカメラを向ける家族にガッツポーズなどしてしまいました。

実は、ラスト2km地点あたりで前方にスーパーサイヤ人 (のコスプレをしてた人) がいたのですが、それを見た瞬間「コ、コスプレランナーには負けるもんかああああ」という気分になってしまい (ごめんなさいね、スーパーサイヤ人の人…) 、最後になってなぜかおもいっきりペースがあがってしまってます ;-)
タイムは前回から5分近く短縮して1時間47分19秒!

前回の伊達で途中から出てきた膝の痛みが今回は出なかったのと、とにかくイーブンペースをキープすることだけ考えて走ったのがよかったかなーと。まだ膝については考えなきゃいけないことがいくつかありそうですが、次回へ向けての課題としてはもうすこしタイムを短縮できる足をどうやって作るか、というのを加えることにします。
次は6月7日の
screenshot第29回千歳JAL国際マラソン
でハーフの予定です。素晴しいコースだ、と聞いているので今からとっても楽しみにしています。
←読んだらクリック