読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

animoto.comおもしろい

先日参加した、Infinity Ventures Summit 2009
screenshotInfinity Ventures Summit 2009 Spring
の、あるセッションで出てたのですが、animoto.com
screenshotanimoto - the end of slideshows
というサービスが非常に面白いです。最近出てきたのかなと思ったら2007年にはすでに

screenshot

自動的に音楽を解析し、リズムにあわせて写真を動かしているようだ。「(退屈な)スライドショーは死んだ!」というキャッチのとおり、自動でちゃちゃっと作ったとは思えないかっこいい映像クリップが出来上がる。

百式さんで紹介されてました。
写真を何枚か選んでアップして並びかえ、音楽を選んで、ぽちっとしたらそれだけでアップした写真を使ったカッコいいビデオができあがります。
30秒までなら無料ですし、もっと長いものでも $3.00-/movie で作れます。もしくは $30.00-/year で一年間いくらでも作れるライセンスもありますので沢山作りたい人はこちらがいいかも。
あと、そのままでは低解像度なので、もっと綺麗にして見せたい! という場合は $5.00-/movie で高解像度データをダウンロードできます。こちらはmp4のデータかISOのイメージかを選択できます。ISOのイメージならそのままDVDに焼けば一般のDVDプレーヤでも楽しめますね。
金曜日にIVSの会場でこれを見ておもしろいなあと思って早速土曜日に作ってみたのがこれ。

親バカ全開ですが…。
このサービス、AmazonのEC2上にサービスを構築していて、リクエストの量に応じて使用するサーバの台数をコントロールしているそうです。想定外のアクセス量がドカッと発生した時にも落ちることなくキャパシティを拡げてくれるので安心ですし、ピークにあわせて設備を拡張する必要もないのでコスト面でもやっぱり安心ですね。
日本でもこれからこうやってEC2などのクラウド上にサービスを構築する事例がどんどん出てくるのかもしれません。ただ日本の場合、「そんなわけわかんないところにデータを置いておくのは不安だなー」といったお客様の心理的障壁はかなり厚そうですが…。
ただ、自分のところや、ホスティング業者 (あ、ウチもそういうことやってるんだった…) に専用のサーバを置いて運用してて、コケたり溢れたりするリスクとそれにかかるコストを考えると、今後はある程度信頼性のあるクラウドプラットフォームが出てくれば (Amazonでも充分だとは思いますが…) 、いろんなサービスがどんどんクラウド上に移行していくのではないかと思います。
←読んだらクリック

広告を非表示にする