Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

娘不在のシルバーウィーク

世間では今年二回目の大型連休ということでいろいろと取り沙汰されてましたが、我が家はどこかへ出かけるでもなく過しておりました。娘以外は、ですが ;-)
私も最近になって知ったのですが、札幌市は世界でも有数の「人形劇が盛んな街」なのだそうです。中心になっているのは中島公園にある「こぐま座」と東区にある「やまびこ座」とのこと。
screenshotやまびこ座・こぐま座のホームページ
残念ながら、Wikipediaの「人形劇」の項目にはひとつした劇団も掲載されていないし 、札幌についての記述がありません。
screenshot人形劇 - Wikipedia
「札幌 人形劇」で検索してもあまり出てこなかったりします。むむむ、どうしたことか。
それでも札幌出身でチェコで活躍する人形師、沢則行さん
screenshotチェコスタイル人形劇・人形師 沢則行
が育った街でもあり、その後輩たちがたくさん劇団を作って活動しています。ちなみに、沢さんはNHKの「みんなのうた」で人気だった椎名林檎の「二人ぼっち時間」でも有名です。

さてさて、その中で前述した「こぐま座」のこども人形劇団に、娘が参加しているのですが、なんとこのシルバーウィークに香川県にある「人形劇場とらまる座」の招待を受けて遠征公演に行ってきたのです。
いいなあ、うどん…。と食べ物のことばかり羨しがる父親を尻目に荷物をまとめて出掛けてしまいまいた。いいなあ、うどん…。
screenshot人形劇場・人形劇博物館のあるとらまる公園┃とらまるパペットランド
お客さんも200人を越える盛況 (本人によると290人! ホントかな?) だったようですが、本人たちは緊張もせず堂々と演じてきたようです。
香川の人形劇クラブの子供たちとも仲良くなったようですし、うどんも堪能してきたとのこと。いいなあ、うどん…。
引率のスタッフの皆さんには大変お世話になりました。ありがとうございます。
娘や妻が人形劇に関わりだしてから時折いろんな公演を見に行くようになりましたが、それぞれ劇団によっていろんな切り口で楽しませてくれます。怖い話から楽しい話、うきうきするような話から悲しい話まで、どれも小さな子供たちにもわかりやすいように作らなければいけませんから構成から台詞回しまで考えに考えて作られているのがよくわかります。全国各地に人形劇場がたくさんありますから、機会があればぜひ一度ご覧になることをお勧めしますよ!
←読んだらクリック

広告を非表示にする