読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

楽しいことはよいこと

mixiで某社の某氏に教えてもらったヴィデオがとっても面白かったのでちょっと紹介します。
フォルクスワーゲン社の企画によるもののようですが、まずはこちらを。

むはははは。階段がピアノになるだけでみんなエスカレータよりも階段を使いたくなるんですねえ。これ、単に楽しいというだけじゃなくて、エスカレータのメンテナンスにかかるコストや消費電力にも影響があるのかもしれませんね。
それから、もうひとつ同じサイトから。

こちらも面白いですね。「世界でいちばん深いゴミ箱!」
こういう簡単な仕掛けを施すだけでポイ捨てが減らせるんですねえ。どちらも物珍しいうちは結構効果がありそうです。慣れてしまったらどうなるかわかりませんが…。
でも、いずれにしても「エスカレータよりも階段を使わせたい」「ポイ捨てされるごみをもっと減らしたい」という目的を達成するためにこういう「楽しくやってもらう」というアプローチをするのってなかなかいいですよね。くそまじめに面白くないアプローチを仏頂面でやるよりは周りの協力も得られそうですし、なによりも効率がよさそうです。
ともすれば仕事を「楽しむ」ことすら許されない雰囲気のある会社が多いのかもしれませんが、禁欲的なアプローチが有効な場合であればともかく、仕事そのものを楽しむことで生産性が向上したり、価値を認めてもらえたり、周囲の協力が得られたりするのであればどんどん「楽しむ」ことも必要なことではないかと思うんですよね。それは決して「ふまじめ」に仕事をしているわけではない。その仕事の「目的」を達するために必要な楽しさであればいいはずなんです。
今みたいな閉塞感のある経済環境だからこそ、こういう「楽しむ」アプローチを試してみる、ということも必要なのではないか、と真面目に思った次第です。
screenshotRolighetsteorin ar tillagnad tanken om att nagot sa enkelt som gladje ar det absolut lattaste sattet att fa manniskor att andra sitt beteende till det battre. Bidra med ditt experiment for att bevisa teorin och vinn 25,000kr.
←読んだらクリック

広告を非表示にする