Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

刺激を受ける

東京出張から帰ってきました。スケジュール調整がへたくそなせいで相変わらずのどたばた。昨日は午前中から品川で打ち合わせのあと、東京アメリカンクラブまで天気もよかったのでてくてく歩いて、スウィングバイ2020
screenshotスウィングバイ2020株式会社は、中国業務移管BPO支援サービスを中心に人材支援サービスとERPによるITシステム構築サービスにより企業の経営効率向上をサポートします。
の海野社長とランチ。会社では中国でのBPO事業を進めておられるが、その目的はご自身のライフワークである「日本のグローバリゼーション推進」にあるというパワフルなビジネスマンです。
今回もいろいろと教えていただいたり刺激を受けたり。と思っていたら、海野社長のblogに自分の名前が出てきてびっくり ;-)

screenshot

昨日は恵和の渡辺社長と会食した。このブログの目的、内容、今後の対応、BPOが与える日本企業のグローバル化。日本人のグローバルに於けるプレゼンス。いろいろ話が出来た。こういうネットを広げたい。日本政府が90兆円の予算で、40 兆円の収入しかないのであれば、それに見合った仕事の仕方をすれば良い。そう言う話が出来た。こうしたグローバルを目指した人材が日本に100人欲しい。そうすれば、日本はアジアを中国とインドとともにまとめることが出来る。


しかもなんと「グローバルを目指す人材」認定を受けている。うわ。
この海野社長、毎朝4時に起きてblogを書いてます。日本人が普段あまり読もうとしない英語のwikipediaやいろんな文献を日本語に翻訳して日本人ビジネスマン向けに情報として提供しているのですが、これが毎朝ものすごい量。その仕事の原動力となっているのが、世界で戦える日本を創るというご自身のライフワークにあります。
私がいま慣れない英文と闘いながら四苦八苦して読み進めている、
Data Driven: Profiting from Your Most Important Business Asset

Data Driven: Profiting from Your Most Important Business Asset


も、こういう刺激を受けつつやってるわけですが、若いくせに海野社長のバイタリティ、エネルギーには到底及ばない。こっちのほうが若いんだからもっとやらないと、と思うんですけど、私には邪念が多いのかも…。いや、がんばろ。
ちなみに、海野社長が中国でのBPOについて書いた本が
本社も経理も中国へ―交通費伝票は中国で精算する

本社も経理も中国へ―交通費伝票は中国で精算する


です。これを手段にしながら、日本のグローバル化を目指して突き進む海野社長、またランチ誘ってくださいです!
←読んだらクリック

広告を非表示にする