Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

サイクルコンピュータつけました

日曜日なのでおもいっきり休日エントリ。
ランニングの時は Garmin の GPS 時計をつけて走るので、今自分がどれくらいのペースで走っているのかとか、どれくらいの時間でどれくらいの距離を走ったのかをだいたい把握しながら走っています。自転車の時も同じもの使ってもいいのですが、通勤時やちょっとした移動時なんかもいつもその時計というわけにもいかないので、かねてより欲しかったサイクルコンピュータを導入してみました。
これもピンからキリまであって、GPS 搭載でスピードや距離、ケイデンス、心拍数まで計測できるものから、スピードしか測れないものもまでいろんなメーカがいろんな製品を出しています。GPS は iPhone で cyclemeter 走らせてればいいから必要ないし、心拍計もマラソン時ですら計らないのでいらないな、というわけで、速度・距離とケイデンスを計測できるものでいいなと。かつケーブルとかの取り回しは面倒なのでワイヤレスのモデルでー、と探して値ごろだったのが

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ CC-RD400DW

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ CC-RD400DW


です。しかも限定のホワイトモデルがあったので思わずそれに。だって自転車が白なんだもん。
届いた荷物はちょっと小振り。

正直もうちょっと大きいのかと思ってました。ナメててごめんなさい。
まずはクランクと後輪のスポークにマグネットを仮止め。


んでもってセンサーをチェーンステーに仮止めして、センサー部とマグネットの位置を調整してちゃんと固定します。

マグネットとセンサーの距離は5mm以内ということなのですが、なるべく近くになるように調整していきます。もっと難しいのかと思っていたのですが、そんなにハマることなく終了。あとはステムにブラケットを固定して本体を取り付ければ完了。

これでスピード、距離、ケイデンスが走りながらも確認できます。通算でどれくらい走ってるかとかがわかるのでモチベーションにはかなりつながりますよね。やっぱり数字で見ることができるようになると否が応でも伸ばしたくなりますw
さて、もうひとつイジったのがペダル。
今までは普通のペダルがついていたのですが、これを、
ディズナ FP スポットクリップレスペダル パールホワイト

ディズナ FP スポットクリップレスペダル パールホワイト


に換装しました。最初近所の自転車屋さんで買った安物のペダルレンチ(選択肢がこれしかなかったんです…)でトライしたのですが、かたくてかたくてびくともしません。あれあれー、というわけで、やはりちゃんとした工具を購入しました…。
ホーザン(HOZAN) ペダルレンチ C-200

ホーザン(HOZAN) ペダルレンチ C-200


やっぱりこいつの手にかかればわりとスムーズに取り外し完了。あの苦労は一体なんだったんだ…。外れてしまえばあとは綺麗に掃除して新しいペダルを装着するだけ。このDixna FPクリップレスペダルなる代物、片面は

こんな感じでふつうの靴でも漕げるようになっているのですが、裏面はというと、

こんな形になっています。そう、SPDのビンディングになってるんですね。となるとモチロン靴もSPD対応のものが必要になるわけですが、どうもSPD対応の靴ってあんまりカッコイイのがないじゃないですか、申し訳ないですけど。なのでいろいろ探していたら、アメリカのChromeという自転車周りのアパレルやバッグ等でカッコイイのを作ってるところが、

てえのを出してるじゃないですか。でも靴はやっぱり実際に履いてみないと通販では怖いなーと思ったので売ってるお店を探していたら、札幌にはやっぱり見つけられなかったんですよね。で、東京ではどうかなーと探したら、
screenshotTOKYO Wheels(トウキョウウィールズ)
なるお店を発見。東京出張もあったので合間にちょっと覗いてみました。品揃えもあまりスポーツスポーツしてなくていい感じ。早速お目当てのChromeも見つかったのですが、ふと見るともっとカッコイイのがあるじゃないですか。
screenshotDZR(ディージーアール)|DZR district (CHARCOAL)|TOKYOlife(東京ライフ)
シューレースが私の好きなオレンジですよ!というわけで即決。
実際はいてみるとこんな感じ。

外から見ると普通のスニーカーにしか見えないのですけど、裏側を見ると

このようにSPDのクリートがついてます。これがさっきのペダルのビンディングにハマるんですね。普通のペダルだと踏むしかできないわけですけど、ビンディングにシューズを固定してしまえばペダルを引っ張りあげる事もできるわけです。なのでもっと効率良く漕げるんですねえ。いや、ちゃんと練習して漕げるようになればの話ですがw
軽く10kmほど走ってみたんですがなかなか面白いです。上り坂でもぐいぐい登っていけるし、今までと違う筋肉を使って自転車を前にすすめるのは新鮮な感覚です。さて、この新しいペダルの効果がどうでるか、ちょっと楽しみなんです。

広告を非表示にする