読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discipline and indiscipline

主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス代表取締役社長のblogです。

スイス、ルツェルン出張二日目

business trip travel

図らずも、じゃない、まさかの凡ミスで成田前泊となった今回の出張、先が思いやられるなーと思いつつ成田のホテルで朝を迎えました。
あらためて荷物のチェックなどしながら待っていたらさすがは日本郵便、モーニング10で札幌から発送したパスポートは9時30分頃に無事ホテルに到着。これでやっと国外に出れるw
チェックアウトして成田に向かい、アエロフロートのカウンターでチェックイン。アエロフロートは以前の評判があまりよろしくなかったイメージがあったので荷物を預けるのにちょっと不安があったのですが、「まーいまどき大丈夫っしょ」と預けちゃいました。ってFacebookに書いたら友人たちにいろいろと脅かされましたけど。
さてさて、初めて乗るアエロフロート、興味津々です。
乗り込んでみるとシートなどの色遣いがとってもかっこいい。

写真は撮り忘れましたけど機体のデザインもなかなかステキです。
エアバス社のA330-300という機材だったのでしたが、わりと新しいのでしょうね。シートはぜんぜんヘタってないし、読書灯はLEDだったし、なんといっても、

前のシートの裏にUSBとネットワークの口があるじゃありませんか!
試しにiPhoneの充電ケーブルを挿してみたらちゃんと充電されるではありませんか。これなら長いフライト中に音楽聞きつつKindleで本読んだりしてても安心です。
お約束の機内食はまずチキン

チキンはうまかったけど横のライスと寿司はちょっと…。
そしてラビオリ

こちらはなかなかうまかった。
やっぱり外国のエアラインは日本路線だからって無理に日本食出さなくていいような気がしませんか…。まずくても日本食(っぽいもの)のニーズってあるのかな…。
フライトそのものはすこぶる快適。よく海外に遊びに行く友人によると最近のアエロフロートはサービスレベルもかなり向上してランキング上位に顔出すよー、とのこと。なるほどー。
機内では前日にiTunesでレンタルしていた映画をMacで観てたのですが、2本見たらもうバッテリーがカラに。まあしょうがないけどw 充電できるのならiPhoneにダウンロードしておいたほうが電池の心配しなくて済みましたね。
ちなみに観たのは


観よう観ようと思っていてなかなか観る機会がなかったのですが今回やっと。
見慣れたすすきのの町が出てくるので見ててすごく楽しい映画です。松田龍平のトボケた感じがいい味を出してます。次回作も観なきゃ。
もう一本は、
ロック・オブ・エイジズ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

ロック・オブ・エイジズ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]


もう80年代ロックの名曲がこれでもかって具合に詰め込まれていて、私からちょっと上くらいまでの世代でその辺りの洗礼を受けてる人たちには痺れまくりの映画です。ストーリーはものすごい単純で安っぽいのですが、主演のジュリアン・ハフがものすごくキュートで、そんなちっぽけなことはどうでもよくなります。また観よう。
映画2本観たあとも暇を持て余してたのですが、機内サービスので
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]


こちらも。英語とロシア語吹き替えしかなかったので字幕なしの英語で観たのですが、まー聞き取れないこと聞き取れないこと。だいぶヒアリング能力が落ちてるのを実感しました。何度か見ている映画なのでそれなりにはストーリー追いつつ楽しめましたけど。

そうこうしているうちに約10時間のフライトを終えてモスクワに到着。14歳の時に祖父母と旅行した時もモスクワで乗り換えたので、実に26年ぶりのモスクワ空港。と言ってもその時のイメージはただただ暗くて寒いところとしか覚えてません。
乗り換えまでに空港内をぶらぶらしていたのですが、日本でもお馴染みのお店のロゴも、サーティーワンことバスキン&ロビンスも

な感じだし、昨年やっと札幌にもやってきたバーガーキング

こんな感じです。ロシアのアルファベットはまったく読めないのでものすごいインパクト。まったく会話も通じないなか、空港内のアイリッシュパブでビール。

「хамовники」というビールのようです。おなじみのアルファベットに置き換えると「Hhamovniki」だそうで、モスクワ中心部の地名のようですね。うまかったです。
チューリヒへはさらに3時間強の空の旅。
こちらは体感であっという間に到着。そこからは列車でチューリヒ中央駅で乗り換えてルツェルンまで一時間ちょっと。

ホテルにチェックインしたのは現地時間の23時過ぎ。日本時間で翌15日の午前7時過ぎですから、札幌の自宅を出てから48時間以上かけてここにたどり着いたことになります。やっぱりパスポートは忘れちゃいけませんよねえ…。でも一日遅れでも追いついてよかった…。
そのまま部屋で軽く食事してこの日は終了。

広告を非表示にする